ポーン その2 ( トレーニング時間15分 )

ポーン その1 と同じ方法で、今度は黒ポーン( 相手ポーン )の位置と利きをイメージします。


1-1

始めは  イメージトレーニング用ボード (←リンク)を見ながら行います。

1と数えて a8 のマスの位置をイメージします(見る)。

2と数えて a7 の黒ポーンの位置と利きの位置をイメージします。
このとき赤線で囲ってあるように 2 x 2 マスのエリアで位置を確認します。



以下同じイメージの仕方で

3と数えて a6 の黒ポーンの位置と利きの位置をイメージ
4と数えて a5 の黒ポーンの位置と利きの位置をイメージ
5と数えて a4 の黒ポーンの位置と利きの位置をイメージ
6と数えて a3 の黒ポーンの位置と利きの位置をイメージ
7と数えて a2 の黒ポーンの位置と利きの位置をイメージ

8と数えて a1 の黒ポーンの位置をイメージ

参考図




1-2

1と数えて b8 のマスの位置をイメージします。

2と数えて b7 の黒ポーンの位置と利きの位置をイメージします。
赤線で囲ってある 2 x 2 マスのエリアで位置を確認します。



3と数えて b6 の黒ポーンの位置と利きの位置をイメージ
4と数えて b5 の黒ポーンの位置と利きの位置をイメージ
5と数えて b4 の黒ポーンの位置と利きの位置をイメージ
6と数えて b3 の黒ポーンの位置と利きの位置をイメージ
7と数えて b2 の黒ポーンの位置と利きの位置をイメージ

8と数えて b1 の黒ポーンの位置をイメージ

参考図





1-3

1-1、1-2と同じ方法で

c8 ~ c1
d8 ~ d1
e8 ~ e1
f8 ~ f1
g8 ~ g1
h8 ~ h1

も行なってください。


2-1

1-1~3 の内容を今度は目を閉じて、手を動かしながら頭の中でイメージしていきます。

1と数えて a8 のマスの位置をイメージする時、 a8 のマスの位置を確認する感じで人差し指の指先で太ももをたたきます。

2と数えて a7 ポーンの位置と利きをイメージする時、ポーンの位置と利きの位置を確認する感じで人差し指の指先で太ももをたたきます( ポーンの位置と利きの位置でそれぞれ1回たたく )。

このようにポーンの位置と利きの位置をイメージするときに、位置を確認する感じで人差し指の指先で太ももをたたきます。

2 x 2 マスにおける位置関係も忘れないでください。


3-1

1-1~3の内容を目を閉じて、頭の中のイメージだけで行います。急がずにイメージ重視で。


このトレーニングの目安は2日間です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
脳内チェス トレーニング方法 by hitsujyun is licensed under a Creative Commons 表示 - 非営利 2.1 日本 License.