ルーク その3  ( トレーニング時間15分 )

その3ではルーク本来の利きである交差線をイメージします。 

交差線は1本線よりもイメージするのに時間がかかります。速くイメージするよりも交差線の周辺にある余白マスを丁寧にイメージしてください。 

私の経験上、慣れない交差線のイメージを連続で行なっていくことは気分が悪くなることも考えられるため、休みを入れながら行なっていきましょう。


1-1 

始めは イメージトレーニング用ボード(←リンク)を見ながら行い、イメージの感覚をつかむようにします。

ファイル(縦列)を固定させた状態で、ランク(横列)を動かしていきます。

下図のように赤色になっている a ファイル をイメージします。 そして 1st ランクも同時にイメージします。またこの時、ファイルとランクの交差点がある 4 x 4 マス内で青色マスの部分、言わば余白マスも意識することで位置関係をつかみやすくなります。



 次に a ファイルのイメージはそのままで、2nd ランクも同時にイメージします。



この後は同様に a ファイルをイメージしながら同時に 3rd, 4th, 5th, 6th, 7th, 8th ランクを順々にイメージしていきます。急がずに余白マスのイメージを大事にしてください。1,  2,  3,  4,  5,  6,  7,  8 と数えると同時に各ランクを見ていくと良いでしょう。


1-2 

今度は b ファイルをイメージすると同時に各ランクをイメージしていきます。交差線をイメージするときは瞬時に行い、余白マスのイメージは後からで構いません。慣れてくると両方 瞬時にできるようになってきます。1~8と数えながら行ってください。

b ファイルと各ランクのイメージが終わったら

c ファイルと各ランク
d ファイルと各ランク と順次行い、h ファイルまで行なってください。

参考図 ( f ファイルと 2nd ランク の交差線)


2-1を始める前に少し休んでください。


2-1

1-1、1-2で行ったことを今度は目を閉じて、手を動かしながらイメージします。

伸ばした人差し指で a8 から a1 へまっすぐ線を引くように動かし( 少しだけ動かす ) a ファイルをイメージし、すぐに a1 から h1 へ線を引くようにして 1st ランクをイメージします。

同じように手を動かしながら a ファイルをイメージして( a8 から a1 へ線を引く )、それから 2nd ランクをイメージします( a2 から h2 へ線を引く )。 

このように人差し指で交差線を描くのに合わせてイメージしていきます。急がずに余白マスのイメージも大事にしてください。

1と数えて a ファイル そして 1st ランクをイメージ
2と数えて a ファイル そして 2nd ランクをイメージ

のように1~8と数えながら行うことも忘れずに。

3-1を始める前に少し休んでください。


3-1

1-1、1-2の内容を目を閉じて、頭の中のイメージだけで行います。2-1の時とは違って、交差線をイメージするときはファイルとランクを同時にイメージしてください。1~8と数えながら行うことは同じです。くどいですが余白マスのイメージを大切に。

 このトレーニングの目安は2日間です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
脳内チェス トレーニング方法 by hitsujyun is licensed under a Creative Commons 表示 - 非営利 2.1 日本 License.