斜線のネットワーク


斜線がどこのマスを通るか分かるだけでは不十分で、斜線がどこでどうつながっているか
分かるよう、脳内に斜線のネットワークを構築しよう! という内容の記事です。

まず知っておきたいことに、同色マスの斜線は下図のように、偶数マス斜線、奇数マス斜線、のパターンがありますので、これを頭に入れておきましょう。


3マス 、5マス 、7マス 奇数斜線




2マス 、4マス 、6マス 、8マス 偶数斜線


これら 奇数マス斜線 と 偶数マス斜線が 4種類の斜線 の記事に出てきた長方形と
どこのマスで交差するか把握できるようになると、脳内で斜線のネットワーク化が進みます。

その前にまず、下図のイメージができるようになりましょう。



始めに 2 x 7 マスのラインをイメージした後 ( もちろんどこを通るか分かっている必要があります )
a2 - b1
b3 - c2
c4 - d3
d5 - e4
e6 - f5
f7 - g6
g8 - h7

のように斜めにつながった2マスがどこにあるか、位置関係をしっかりイメージしましょう。
これは始めイメージしづらいですが、慣れれば容易になります。



同じように下記 3マスのつながりの位置関係を、頭のなかでイメージしましょう。
a3 - b2 - c1
b4 - c3 - d2
c5 - d4 - e3
d6 - e5 - f4
e7 - f6 - g5
f8 - g7 - h6



この場合は
a4 - b3 - c2 - d1
b5 - c4 - d3 - e2
c6 - d5 - e4 - f3
d7 - e6 - f5 - g4
e8 - f7 - g6 - h5

の斜め4マスをイメージするのと

a4 - b5 - c6 - d7 - e8
b3- c4 - d5 - e6 - f7
c2 - d3 - e4 - f5 - g6
d1 - e2 - f3 - g4 - h5

の斜め5マスもそれぞれイメージしましょう。

別記事で扱うテーマですが、64マスでどんなイメージもできることが理想、と考えてます。
脳内チェストレーニングをしない方からすれば無意味なことに思えるかも知れませんが、脳内チェスの理想目標を目指している私としては、かなり役立つイメージです。

さて、前述のイメージができるようになったら、今度は下図のイメージを行います。



2 x 7 マス長方形 と 4マス斜線、6マス斜線、8マス斜線 がどこで交差するかイメージしてください。パターンがあるので1度理解できれば次は容易にイメージできるでしょう。



3 x 6 マス長方形 と 5マス斜線、7マス斜線 がどこで交差するかイメージ。




4 x 5 マス長方形と 6マス斜線、8マス斜線 がどこで交差するかイメージ。

3種類の長方形は逆の傾きもあるため、そちらでも長方形と各斜線が交差するマスをイメージできるようになりましょう。これらをイメージできるようになると、脳内の斜線ネットワークは
かなり良くなるでしょう。

もう1つ斜線に関する記事に続きます。



0 件のコメント:

コメントを投稿

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
脳内チェス トレーニング方法 by hitsujyun is licensed under a Creative Commons 表示 - 非営利 2.1 日本 License.