ナイト その1 ( トレーニング時間15分 )


ナイトの利きは1番難しいのでは? と思われるかも知れませんが、ここまでトレーニングしてこられた方なら恐れるに足りません。トレーニング量は1番多いですが^^; ( 24日間 )

ナイトのトレーニングはこれまでと異なり、ナイトを動かすトレーニングから始めます。その方がナイトの利きをイメージするのが容易になります。


ナイト小回転1

3 x 3 マスの中でナイトを動かしていきます。


b1 のナイトを
b1 - a3 - c2 - a1 - b3 - c1 - a2 - c3 - b1

の順で動かすことを始めは上図を見て確認し、その後図を見ないで、目を開けたまま頭の中でイメージしてください。3回繰り返してください。


逆回転でも行います。
b1 - c3 - a2 - c1 - b3 - a1 - c2 - a3 - b1

の順で動かすことを、目を開けたまま頭の中でイメージしてください。3回繰り返してください。

このように 3 x 3 マス内でナイトを動かせるということと、ナイトを動かす時は下図のように赤マスを意識すると移動先をイメージしやすいことを覚えておきましょう。


これがナイトの利き、動きをイメージするための基本となります。

ナイトの利き8マスをイメージする場合も下図のようにそれぞれ赤マスを意識すれば、利きの位置がすぐに分かります。

( 例 ) f4 の赤マスの位置から e5, g5 の利きの位置が分かる。




ナイト小回転2

ナイトの利きは 5 x 5 マスの中に収まります。この 5 x 5 マスの中でいろんなナイトの動かし方ができますので、動かすことができるようにするのと、どのような位置関係で動いているか覚えましょう。


c1 にいるナイトを下記の順で動かすことを、目を開けたまま頭の中でイメージしましょう。
3回行なってください。

c1 - b3 - c5 - d3 - c1

逆回転も3回行います。
c1 - d3 - c5 - b3 - c1

説明上、ランクとファイルを記載していますが、動き方と位置をイメージできれば OK です。


横向きの回転も行います。


a3 にいるナイトを下記の順で動かすことを、目を開けたまま頭の中でイメージしましょう。
3回行なってください。

a3 - c4 - e3 - c2 - a3

逆回転も3回行います。
a3 - c2 - e3 - c4 - a3

このトレーニングの目安は1日です。

その2では 5 x 5 マスの中でもう少し大きく回転させます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
脳内チェス トレーニング方法 by hitsujyun is licensed under a Creative Commons 表示 - 非営利 2.1 日本 License.