ビショップ その5 ( トレーニング時間15分 )


その1~その4のトレーニングで斜線のイメージがかなり高まったと思います。その5、その6、その7ではビショップを頭の中で動かすことを行います。

このトレーニングも始めから目を閉じて、頭の中のイメージだけで行いますが、イメージが難しい場合は、 イメージトレーニング用ボード (←リンク)を見て位置関係を確認しても構いませんし、人差し指を動かしてマスの位置を確認しながらイメージするのも良いでしょう。


1-1

下図で示しているように、4 x 4 マス内で白マスが「 中 」という字の並びになっています。


この「 中 」の並びを意識しつつ、4 x 4 マス内で白マスがどの位置にあるかも確認しながら、1マスずつ白マスビショップを頭の中で動かしてください。

位置関係を確認するには 4 x 4 マス内で 2 x 2 マスも意識した方が良いでしょう。

ある程度行い、頭の中でビショップを動かす感覚と位置関係がつかめたら 1-2 へ進んでください。


1-2

4 x 4 マス内で白マスビショップを動かすということは同じですが、8 x 8 マスのボードの中で1つの 4 x 4 マスエリアであることを意識しながら、各 4 x 4 マスエリアごとに白マスビショップを動かし、位置関係もつかむようにしてください。


1-3

今度は1つの 4 x 4 マスエリアから別の 4 x 4 マスエリアにビショップを動かしていきます。白マスビショップの動かし方は自由ですが、全ての白マスを通過するようにしてください。


これを行うと分かってきますが

2マス、4マス、6マス、8マス → 偶数の白マス斜線( 左45度の傾き)
3マス、5マス、7マス → 奇数の白マス斜線( 右45度の傾き )

偶数と奇数によって斜線の傾きが異なります。これは白マス斜線( その6では黒マス斜線 )をイメージすることに役立ちますので覚えておきましょう。

8 x 8 マスの中で白マスビショップをある程度動かし、位置関係を確認したら終了です。

このトレーニングの目安は1日です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
脳内チェス トレーニング方法 by hitsujyun is licensed under a Creative Commons 表示 - 非営利 2.1 日本 License.